刊行物・報告書

  1. Home
  2. 刊行物・報告書
  3. 報告書
  4. 2019年度年次報告書里山学研究『琵琶湖を中心とする自然共生型社会の実現 -里山学からの発信-』
2020/03/27
報告書

2019年度年次報告書里山学研究『琵琶湖を中心とする自然共生型社会の実現 -里山学からの発信-』

2019年度年次報告書里山学研究『琵琶湖を中心とする自然共生型社会の実現 -里山学からの発信-』

2019年度年次報告書表紙.jpg

巻頭言     牛尾洋也

1. シンポジウム「琵琶湖を中心とする自然共生型社会の実現 ー里山学からの発信ー」

 (1) プログラム

 (2) シンポジウムの趣旨説明  牛尾洋也

 (3) 講演

  1) 琵琶湖なう2019 ~琵琶湖のこれまで、そしてこれから~  三和伸彦

  2) 東近江市100年の森づくりビジョンとその実現に向けて  水田有夏志

 (4) 研究報告

  1) 持続可能社会と里山モデル -琵琶湖水域圏の保全再生に向けて-  丸山徳次

  2) 精神・社会・自然環境の持続可能性  村澤真保呂

  3) 里山学から見た東日本大震災 -岩手県陸前高田市の事例-  伊達浩憲

  4) 里山の植生とバイオマス -「龍谷の森」を例として-  宮浦富保

  5) オールドオオツの景観情報学  中川晃成

  6) 過去の文化的景観を復元する -明治初期の滋賀県における里山・里湖利用-  林 珠乃

  7) 活動からみるフットパスの意義と里山保全  斎藤菜乃子

  8) 琵琶湖水域圏における人と自然との再構築 -森・水・人・未来-  牛尾洋也

 (5) 閉会の挨拶  村澤真保呂

 (6) ポスターセッション1 2 3

 

2. シンポジウム「龍谷大学里山学研究センター 国際シンポジウム」

 森林・林業と人々の生活 -ドイツと日本の比較から-(開催中止)

 

3. 研究会報告 研究会リスト

 (1) 第1回研究会

   ドイツの農林地取引法 -歴史的発展と現在の議論状況-  Christian Busse・楜澤能生

 (2) 第2回研究会

   「琵琶湖を中心とする循環型自然・社会・文化環境の総合研究」プロジェクトの

                                     最終とりまとめに向けて

                                   里山学研究センタースタッフ

 (3) 第3回研究会

   2019年度叢書合宿研究会 -5年プロジェクトの総括に向けて-  眞田章午

 (4) 第4回研究会

   次年度に向けた合宿研究会  野間元

 (5) 第5回研究会

   放置される資産のゆくえ -地域社会で放置される山林・農地・家屋の現状と対策-  片野洋平

 (6) 第6回研究会

   森林の所有と整備と利用はなぜ混迷するのか  坂井マスミ

   森林管理問題の話 -「森林管理」「森林経営」なるものをとらえなおす-  北尾邦伸

 

4. 研究活動報告

 (1) 龍谷の森での学生の研究活動  宮浦富保

 (2) 「龍谷の森」里山保全の会 2019年度活動報告  林 珠乃・宮浦富保

 (3) 「龍谷の森」を通した司法修習生への実務修習 

    -京都弁護士会公害・環境保全委員会 第72期選択的実務修習(自然保護部会)の実施-  眞田章午

 (4) 東近江市100年の森づくり地域ワークショップ in 君ヶ畑

              -「山」の所有と管理のあり方を中心に-  眞田章午

 (5) 全国カレッジフットパスフォーラム2019

              -学生が考える持続可能な未来について-  鈴木龍也・野間元綺

 (6) 岐阜県における地域資源管理調査 -世界農業遺産、食と農の景勝地-  

                    牛尾洋也・安田奈於・山口修平・澤村奈叶・湯川 希

 (7) 東近江におけるフットパスの在り方と今後の可能性について  

              牛尾洋也・野間元綺・斎藤菜乃子・鈴木彩有里・安田奈於・和田竜弥・久保智朗

 (8) 愛知川流域におけるホタル類の生息環境(続報)  遊磨正秀

 (9) 「龍谷の森」において初めて確認されたムラサキツバメについての報告  太田真人・遊磨正秀

 (10) 龍谷の森での研究活動報告  高桑 進

 (11) その他研究業績一覧

 

5. 研究論文

 (1) 近江宮川藩、最後の日々 -消えゆく近世・明治維新を小藩に生きたひとびと-

                                (1) (2) (3) (4) 中川晃成

 (2) 日本における木質バイオマス発電の現状と課題  高桑 進

 (3) 人はどこで変わり、育つのか?(2) -自然学校・ヤクザル調査隊・城陽生きもの調査隊- 好廣眞一 

 

6. 活動日誌

 

7. 里山学研究センター 関連記事一覧(2019年度)

to top