刊行物・報告書

  1. Home
  2. 刊行物・報告書
  3. 刊行物
  4. 琵琶湖水域圏の可能性 里山学からの展望
2018/04/13
刊行物

琵琶湖水域圏の可能性 里山学からの展望

琵琶湖水域圏の可能性 表紙.jpg

『琵琶湖水域圏の可能性 里山学からの展望』 牛尾洋也・吉岡祥充・清水万由子編著 出版:晃洋書房

amazon 楽天ブックス

 

目次

はしがき

第Ⅰ部 里山学と琵琶湖

 第1章 「里山問題」の転換と里山学の課題 -<文化としての自然>の保全・再生- (丸山徳次)

 第2章 琵琶湖保全再生計画の位相 -琵総終結後20年間の堆積と変容をめぐって- (秋山道雄)

 第3章 琵琶湖とその「乳母」たち -流入河川の存在意義を考える- (田中 滋)

 第4章 琵琶湖流域治水条例 (石塚武志)

 第5章 公衆の水への権利に向けて -水法の法理論的課題- (牛尾洋也)

 第6章 ストックとしての里山と持続可能な発展

            -琵琶湖水域圏における人と水の相互作用- (清水万由子)

 

第Ⅱ部 琵琶湖と地形

 第7章 流域をとらえる -愛知川流域の地形・水系・地割- (中川晃成)

 第8章 河川,琵琶湖,盆地による<繋がりと分断>を考える

                    -近代化の「負の遺産」克服のために- (田中 滋)

 第9章 近江愛知郡神崎郡の条里と古代愛知川流路 (中川晃成)

 第10章 戦後の里山開発と谷埋め盛リ土地すべり (釜井俊孝)

 コラム1 里山の心理的景観と環境教育 (村澤真保呂)

 

第Ⅲ部 琵琶湖といきもの

 第11章 環境DNA分析による琵琶湖水系の魚類相解析と生態研究への応用 (山中裕樹)

 第12章 カワウ問題解決のための順応的管理と河川環境改善 (須川 恒)

 第13章 河辺林の特徴と蝶から見る里山的価値 (太田真人)

 コラム2 荒川下流河川敷における外来寄生植物ヤセウツボの繁殖 (岩瀬剛二)

 コラム3 多様な稲による地域おこし -滋賀県の稲作と古代米- (猪谷富雄)

 

第Ⅳ部 琵琶湖と森

 第14章 東近江市の森林利用の歴史 (宮浦富保)

 第15章 東近江・小椋谷と木地師 (須藤 護)

 第16章 中山間地における広葉樹資源の循環的利用と森林再生

                       -東近江市の里山から考える- (山下直子)

 第17章 薪ストーブの状況とその燃焼ガス中未燃ガス(一酸化炭素)の触媒による完全燃焼化実験

                                      (占部武生・水原詞治)

 第18章 公社造林と里山 -「造林公社問題」の残された課題- (吉岡祥充)

 第19章 入会の環境保全機能に関する一考察 -近年の入会訴訟の検討から- (鈴木龍也)

 第20章 地縁団体の法的性格とその規範的意義 (西脇秀一郎)

 第21章 中国森林財政の発展と森林保全政策の展開 -里山学からの視座から- (金 紅実)

 補論 水管理の国家化・技術化と「権利の体系」-水・人間関係への法学的接近方法の備忘録- (池田恒男)

to top