イベント

2018/08/10
研究会・ワークショップ

2018年度第4回研究会

2018年8月5日(日)に2018年度里山学研究センター第4回研究会を行いました。

 

今回の研究会では、「フットパス」をテーマに前半では日本におけるフットパスについて。後半は海外(主にイギリス)におけるフットパスについて報告がありました。

みらいの環境を支える龍谷プロジェクトの皆さんと里山学研究センターの牛尾センター長からは、東近江市と共に行ってきたフットパスの作成や勉強会、フットパスが抱える法律的問題などについて報告がありました。

里山学研究センター研究員の須川氏からは、湖北で行われてきたフットパスについてや龍谷大学深草学舎で行われている講義の中で行なっているフットパスなどについて報告がありました。

 

その後、里山学研究センター研究員の江南氏から、『都名所図会』などから古来から日本では花見や風景を楽しむことを目的とした遊山というフットパスに似たことが行われてきたことなどについて報告がありました。

そして、最後に里山学研究センター研究員の鈴木氏からは、フットパスの発祥の地でもあるイギリスでのフットパスの問題などについて報告していただきました。

 

フットパスについて関心をお持ちの方も多かったようで多くな方にご参加いただきありがとうございました。

 

P8050324.JPGP8050329.JPGP8050330.JPG

to top