センターについて

  1. Home
  2. センターについて

特色と目的

本研究プロジェクトでは、持続可能な社会の構築に向けて、「里山モデル」を基礎として、地域自然資源の管理に関する総合的な研究を行います。さらに研究成果および地域自然資源管理に関する先端的研究状況や社会的実践について、市民へ向けての情報発信や教育への還元を目指します。

自然と無関係に成立する文化が存在しないのと同様に、自然もまた人間の生活と文化により形作られます。「文化的自然」という言葉に示されるように、自然との相互作用により里山には豊かな自然が成立しうるのです。

「里山的自然」とは何かを明らかにし、里山維持の伝統的な技法や作法を解明するとともに、そこで得た知見を手がかりにしながら里山以外の様々な場における人と自然との関係を研究していこうというのが、「里山モデル」の考え方です。

こうした「里山モデル」を基礎として、二つの研究に取り組みます。①大学の所有する森を利用しての実証研究など、里山の生態系・里山を中心とするバイオマス資源の再生可能エネルギー利用について。②里山を中心とする地域自然資源の管理にかかわる倫理、民俗、慣習、法制度、さらには地域自然管理に関わる様々な紛争やその基礎をなす地域社会のあり方などについて。こうした二方向の研究は、文理融合の観点から統合的に研究され、地域や関係するNPO等との連携、教育プログラムの開発や、社会教育を含む様々なレベルでの教育的活動に活かされます。

研究体制

1班

「里山の生物多様性とバイオマス利用」研究班

班長 宮浦 富保 (龍谷大学理工学部・教授)

2班

「地域資源の管理」研究班

班長 牛尾 洋也 (龍谷大学法学部・教授)

3班

「統括・連携・教育」班

班長 谷垣 岳人 (龍谷大学政策学部・講師)

to top