刊行物・報告書

  1. Home
  2. 刊行物・報告書
  3. 報告書
  4. 2014年度年次報告書里山学研究「里山と東アジアのコモンズ」
2016/06/02
報告書

2014年度年次報告書里山学研究「里山と東アジアのコモンズ」

2014年度年次報告書里山学研究「里山と東アジアのコモンズ」

2014年度里山年次報告書表紙.jpg

巻頭言 牛尾洋也

1.コモンズ・里山国際シンポジウム「東アジアからコモンズを考える」

 (1) プログラム………………………………………………………………………………………………………3

 (2) 報告「日本における里山問題の変遷 -国家的収奪への抵抗から文化的自然の保全へ-」

    鈴木龍也…………………………………………………………………………………………………………4

 (3) 報告「多様に広がるコモンズの世界 -人間社会の修復・再生・創造にむけて-」

    三俣 学…………………………………………………………………………………………………………10

 (4) 報告「土地と地下水の共有資源としての特性と公共的管理過程の比較:

                     -チェジュ(済州)の事例を中心に-」

    崔  賢…………………………………………………………………………………………………………16

 (5) 報告「韓国の共同資源・共同資源研究の現状と争点、その生態的含意」    

    鄭 煐璶…………………………………………………………………………………………………………34

 (6) 報告「台湾におけるコモンズ研究:回復と展望」 戴 興盛……………………………………………57

 (7) 質疑応答…………………………………………………………………………………………………………73

 

2.第10回大学間里山交流会「大学の里山をどう活かすのか ~大学の里山利用の現状と課題~」

 (1) プログラム………………………………………………………………………………………………………79

 (2) ポスター(1) (2) (3)……………………………………………………………………………………………80

 (3) 講演「大学間里山交流会の歩みと今後の課題」 高桑 進…………………………………………………102

 (4) ワークショップ「これからの里山利用」 谷垣岳人…………………………………………………………105

3.研究会報告

 (1)第1回研究会

  「なぜ被災地の復興は進まないのか?-岩手県陸前高田市における生業と暮らしの再生の現状-」

    伊達浩憲…………………………………………………………………………………………………………111

 (2)第4回研究会

  「バイオマス事業化推進に向けて」 嶋本浩治…………………………………………………………………113

  「東近江市薪プロジェクト」 西村俊昭…………………………………………………………………………116

 (3)第5回研究会

  「カワラヒワの地域個体群が利用する京都府南部の里山・里地環境」 中村浩志…………………………119

4.研究活動報告

 (1) 「龍谷の森」での学生の研究活動 宮浦富保………………………………………………………………123

 (2) ヒノキ林の林床に生育するクロバイとヒサカキの光合成生産

    片山あさみ・吉岡佳子・倉地奈保子・宮浦富保……………………………………………………………125

 (3) 褐鉄鉱触媒を用いた薪ストーブ燃焼ガス中COの低減に関する実用化研究

    占部武生・水原詞治……………………………………………………………………………………………135

 (4) みやこの景観をつくった里山 -名所図会に残る江戸時代の東山の姿

    江南和幸…………………………………………………………………………………………………………141

 (5) 森のあそび (REC講座:里山マイスター入門講座 2014年12月13日)

    江南和幸…………………………………………………………………………………………………………164

 (6) 里山の保全と二酸化炭素の削減のための環境教育プログラムの開発

    高桑 進…………………………………………………………………………………………………………166

 (7) 河川におけるオイカワの行動と環境利用 武村達也・遊磨正秀…………………………………………175

 (8) 水路環境とゲンジボタル成虫の増減 豊福晋作・遊磨正秀………………………………………………183

 (9) 水域における環境DNA法を用いた生物モニタリング

    辻 冴月・遊磨正秀・山中裕樹………………………………………………………………………………188

 (10) コナラ生存木とナラ枯れ枯死木の樹幹流の比較  坂田康平・横田岳人………………………………192

 (11) 「龍谷の森」の鳥類相 (2014年度の調査から) 田畑公貴・横田岳人………………………………197

 (12) ナラ枯れによる林床光環境の改善がタカノツメ稚樹の成長に与える影響     

    宮本大輔・横田岳人……………………………………………………………………………………………200

 (13) 世界農業遺産調査

     -静岡県掛川市、石川県、珠洲市、金沢大学 「能登 里山里海マイスター育成プログラム」-

    牛尾洋也・龍谷大学みらいの環境を支える龍谷プロジェクト……………………………………………210

 (14) 草原管理を反映する指標植物の検証(2) 高橋佳孝………………………………………………………240

5.研究論文

 (1) ガス爆発とフラクタル次元 -同心二重円筒装置を用いた実験的考察-

   野口佳樹……………………………………………………………………………………………………………245

 (2) 森に降り注いだ放射性物質の挙動 -一ノ関~気仙沼、南相馬の汚染調査を通して考える-

   河野益近……………………………………………………………………………………………………………250

6.活動日誌…………………………………………………………………………………………………………………265

 (1) 運営会議

 (2) 全体会議

 (3) 研究会

 (4) その他の活動

to top