刊行物・報告書

  1. Home
  2. 刊行物・報告書
  3. 報告書
  4. 2013年度年次報告書里山学研究 「里山がひらく持続可能社会」
2014/03/31
報告書

2013年度年次報告書里山学研究 「里山がひらく持続可能社会」

2013年度年次報告書里山学研究 「里山がひらく持続可能社会」

 2013年度年報表紙.jpg

巻頭言 牛尾洋也

1.シンポジウム「里山がひらく持続可能社会」
  〔プログラム〕
  〔開会挨拶・趣旨説明〕 牛尾洋也……………………………………………………… 3
  〔シンポジウム(要旨)〕
   ⑴基調講演(要旨)「里山資本主義」とは 藻谷浩介……………………………… 5
   ⑵ミニ講演(要旨)… ………………………………………………………………… 7
  〔ミニ講演〕
   ⑴薪が切り拓く里山の未来 奥 敬一………………………………………………… 10
   ⑵木と火のある暮らし 薪炭革命 松田直子………………………………………… 10
   ⑶持続可能社会の条件と里山的自然 丸山徳次……………………………………… 11


2.研究会報告
  ⑴ 第1回研究会
   「民法の観点からみた『景観利益』」 牛尾洋也…………………………………… 19
   「行政法の観点からみる『景観利益』」石塚武志 ………………………………… 21
   「居住空間と景観」 水島 信………………………………………………………… 22
  ⑵ 第2回研究会
   「日本におけるフットパス」神谷由紀子 …………………………………………… 25
   「フットパスからWalkers are Welcome Townへ 英国での展開(翻訳)」

    Sheila Talbot …………………………………………………………………………28
  ⑶ 第3回研究会
   「文化的景観を読み解く」 林 珠乃 …………………………………………………40
   「ロンドン郊外Public Footpath Chess Valley谷歩き」 江南和幸 ………………41
  ⑷ 第4回合宿研究会
   「琵琶湖の湖北地方の湿地保全と渡り鳥保護」 植田 潤………………………… 48
   「水鳥と湿地の宝を持つ湖北地方」 須川 恒……………………………………… 50
   「ラムサール条約の国際的ネットワークを生かした活動の紹介」

            須川 恒 ……………………………………………………………………………… 53
   「湖北地方でフットパスを作成するための基礎資料」 須川 恒………………… 57
  ⑸ 第5回研究会
   「人と森をつなぐ」 齋藤暖生………………………………………………………… 63
  ⑹ 第6回研究会
   「景観と景観計画図」 水島 信……………………………………………………… 65
  ⑺ 第7回研究会
   「放射能汚染が動植物の繁殖、生存、分布に及ぼす影響」 樋口広芳…………… 67
  ⑻ 第8回研究会
   「里山の保全と『森林・林業再生プラン』」 吉岡祥充 ………………………… 76
   「仏教と環境」 岡本健資 ………………………………………………………………77
3.研究活動報告
  ⑴ 「龍谷の森」での学生の研究活動 宮浦富保……………………………………… 81
  ⑵ ヒサカキの地上部枯死量の個体サイズ依存性
      石井将貴・森山祐平・宮浦富保 ………………………………………………  83
  ⑶ 褐鉄鉱触媒を用いた薪ストーブ燃焼ガス中COの低減に関する基礎的研究
      佐湖俊之・占部武生 …………………………………………………………… 88
  ⑷ 山梨県上野原市八重山におけるアケビ属3種の分布と葉の形態的特性の比較
               岩瀬剛二・朝倉健人………………………………………………………………93
  ⑸ 環境教育としての炭焼きのすすめ:新炭革命 高桑 進 …………………………97
  ⑹ 「龍谷の森」での自然観察会の実施報告 高桑 進………………………………101
  ⑺ 蝶相からみた大津市瀬田丘陵の特徴8
      遊磨正秀・太田真人・稲井拓人・小澤真帆………………………………… 103
  ⑻ 「龍谷の森」におけるスノキ属の分布について 奥野圭一・横田岳人…………106
  ⑼ 「龍谷の森」のアカネズミとヒメネズミの消長 小海佑樹・横田岳人…………110
  ⑽ 「龍谷の森」におけるナラ枯れ枯死木から発生した腐朽菌類について
      田鹿 諒・横田岳人…………………………………………………………… 115
  ⑾ バイエルン森林・林業局(LWF)ヒアリング調査報告 牛尾洋也  …………… 120
  ⑿ 日本農業法学会2013年度年次大会

            「農漁村地域の復興 -大地震・大津波後2年半を経た現状と課題-」参加報告

         牛尾洋也・鈴木龍也・丸山徳次 ……………………………………………… 126
  ⒀ 草原管理を反映する指標植物の検証 高橋佳孝……………………………………127
  ⒁ 「龍谷の森」里山保全の会の活動報告 谷垣岳人…………………………………129
  ⒂ 「龍谷の森」におけるキツネの生態調査 西澤なつ子……………………………130


4.研究論文
  ⑴ 林業から森林文化へ ─林業における持続可能性思想の発展と転換─

     ヨアヒム・ハンベルガー〔紹介・翻訳〕

      牛尾洋也………………………………………………………………………… 147
  ⑵ 岩手県陸前高田市の漁業構造の歴史的展開 伊達浩憲……………………………161
  ⑶ イオンプローブによえる燃焼診断 野口佳樹………………………………………179
  ⑷ 里山の保全と「森林・林業再生プラン」 吉岡祥充………………………………189


5.活動日誌…………………………………………………………………………………… 201
  ⑴ 運営会議
  ⑵ 全体会議
  ⑶ 研究会
  ⑷ その他の活動

 
to top