「龍谷の森」とは

  1. Home
  2. 「龍谷の森」とは

「龍谷の森」の概要

「龍谷の森」とは、滋賀県大津市にある龍谷大学瀬田キャンパスに隣接する里山林(水平面積38ha)のことです。 この森も30-40年前までは、地元住民が薪や柴をとるための薪炭林として利用されてきました。 しかし、この土地を龍谷大学が1994年に購入したとき、林内には薮が生い茂り倒木が道をふさぎ、人が歩くことのできない、典型的な管理放棄された里山林でした。

しかし、龍谷大学の所有を契機に、従来の伝統的利用とは異なる里山利用が始まりました。 まず、龍谷エクステンションセンターの市民を対象とした自然観察会・里山の恵みを楽しむ会などや龍谷大学の学生向けのフィールドワーク実習の舞台となりました。 さらに、「龍谷の森」里山保全の会も結成され、より実践的な里山保全活動が始まりました。

里山学研究センターでは、「龍谷の森」を里山研究の中心フィールドとして利用しながら、さらに生態系保全と環境教育および市民参加の里山活動を通じて、新たな里山利用モデルを構築し、全国に発信することをめざしています。

「龍谷の森」へのアクセス

JR「京都」駅から米原方面へ「瀬田」駅下車
帝産バスで龍谷大学瀬田キャンパスまで約8分

to top