イベント

  1. Home
  2. イベント
  3. 研究会・ワークショップ
  4. 2016.10.14第6回研究会を行いました
2016/10/20
研究会・ワークショップ

2016.10.14第6回研究会を行いました

第6回里山学研究センター研究会を2016年10月14日に行いました。
告知していた通り、今回の研究会は「愛知川源流部小椋谷でのくらしと木地師文化」をテーマに浜松学院大学の筒井正先生と里山学研究センターの研究員である須藤護先生にお話をしていただきました。

筒井先生は幼少期に滋賀県愛知川の源流部小椋谷で過ごされており、その頃の思い出やおじ様が残されていたその頃暮らしの日記などの紹介をしてくださいました。
須藤先生は近江から会津若松へ移住した木地師の方の生活や文化、里の人たちの関係性について講演してくださいました。
木地師という自然の中で椀などを生産されていた方々の自然との付き合い方などがよく学べた研究会となりました。
また、大萱資料室の方や筒井先生の熱烈なファンの方など内部外部関わらず多くの方にご参加いただきありがとうございました。

次回は2016年10月24日(月)にマラウィ大学からBosco Rusuwa先生、里山学研究センターから丸山敦先生のお二人にマラウィ湖と琵琶湖についてお話いただきます。
ぜひご参加ください。
20161014_181716888.jpg
20161014_193407615.jpg

to top